KEY先生
覇王の走狗(いぬ)
   Introduction - あらすじ -

平原にその名を轟かせる超大国『禍国』
   三代皇帝・景の御代に『覇王』の宿星を持つと占われた皇子が誕生した――名を戰
   皇子・戰が18歳になった年、父帝・景より祭国攻略の総大将を命じられ、初陣を見事な勝利で飾った
   傍らには、如何にも戦場には不釣り合いな、眠そうな眸(め)をして癖のある前髪を弄る少年の姿があった
   ――宰相にして兵部尚書である優の息子・真である
   仲間と共に理想の国造りを目指して邁進しつつ、数多の国の王と政敵である兄皇子たちを相手どり、
   己の知恵一本を武器にして、戰の傍らに常に従い、戦うと真は決意する
   以後、禍国皇帝の座に戰を就けるという途方もない夢にむかい、真は休みなく挑み続けることとなった
   幾多の試練にも決して怯まず、中華平原を真は駆ける
   覇王の狗(いぬ)として
   (あらすじ一部抜粋)

  the Publisher Review- 出版社【宝島社】講評 -

弱小国家の王子として生まれながら覇王の天命を持つ青年が、個性的な仲間とともに天下統一を目指す
   正統派の中華ファンタジー。ともすれば文章が難しくなりがちなジャンルですが、
   多彩なキャラクターを書き分ける筆力と軽妙な会話にぐいぐい引き込まれます。
   大器量でありながら直情的で奥手な王子と冷静沈着で飄々としている昼行灯的な右腕という、
   バディものとしても魅力的な作品。

   半人半妖/こおろぎ

Episode.60:声旬!FRESH!
2017.7.21. ~ 8.3 on air

PAGE TOP