• お知らせ

    2018/7/19
    【発売情報】第6回金賞受賞作「おっさんたちの戦いはこれからだ!勇者パーティーの初期メンバーだった商人
    は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。」特設ページ公開!
    【発売情報】第3回受賞作「塔の管理をしてみよう」発売日&書影公開!
    2018/7/10
    【発売情報】第6回金賞受賞作「おっさんたちの戦いはこれからだ!勇者パーティーの初期メンバーだった商人
    は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。」発売日&書影公開!
    【発売情報】第5回受賞作「リアルチートオンライン2」発売日&書影公開!
    【発売情報】第5回受賞作「お狐さまと食べ歩き 食いしん坊のあやかしは、甘味がお好き」公表発売中!
    2018/7/5
    【速報!】第6回ネット小説大賞最終結果発表!
    2018/7/4
    【発売情報】第6回受賞作「おっさんたちの戦いはこれからだ!?勇者パーティーの初期メンバーだった商人
    は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。」特設ページ公開!
    2018/6/22
    【発売情報】第6回期間中受賞作「暗黒騎士物語~勇者を倒すために魔王に召喚されました~」
    特設ページ公開!

    第六回ネット小説大賞 最終結果発表

    グランプリ

    1. 宝島社

      帝都メルヒェン探偵録

      クロサキリク

    受賞

    1. 宝島社

      おっさんたちの戦いはこれからだ!
      ~勇者パーティーの初期メンバーだった商人は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。

      necodeth
    2. 宝島社

      捨て子になりましたが、
      魔法のおかげで大丈夫そうです

      明日

    受賞

    1. 宝島社

      暗黒騎士物語
      ~勇者を倒すために
      魔王に召喚されました~

      根崎タケル
    2. 宝島社

      いいご身分だな。俺にくれよ。

      nama
    3. 一二三書房

      異世界でも
      無難に生きたい症候群

      安泰
    4. ツギクル

      五つの塔の頂へ

      夜々里 春
    5. 宝島社

      縁側でひとやすみ

      クロッチカ
    6. 双葉社

      お客様が「神様」でして 
      ~道後の若女将は女子高生!~

      田井ノエル
    7. 宝島社

      俺、猫だけど
      夏目さんを探しています。

      白野こねこ
    8. 一二三書房

      ガベージブレイブ
      【異世界に召喚され
      捨てられた勇者の復讐物語】

      なんじゃもんじゃ
    9. 宝島社

      ゲームキャラで異世界転生 
      ~トップランナーは
      よろず屋さん~

      鏑木ハルカ
    10. 宝島社

      斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!

      巽未頼
    11. ツギクル

      素人おっさん、転生サッカーライフを満喫する

      ハーーナ殿下
    12. 一二三書房

      千のスキルを持つ男 
      異世界で召喚獣はじめました!

      長野文三郎
    13. ツギクル

      その冒険者、取り扱い注意。

      Sin Guilty
    14. ツギクル

      田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』

      小倉ひろあき
    15. 宝島社

      転生少年の成長記 ~努力すればするほど強くなれる!?~

      やま
    16. 宝島社

      隣のお姉さんは大学生

      m-kawa
    17. 一二三書房

      隣の席の佐藤さん

      森崎緩
    18. 双葉社

      隣の部屋の女騎士は、
      異世界人で飲み友達

      猫正宗
    19. 新紀元社

      ドラゴン狂いの
      課金テイマーさん

      リブラプカ
    20. 宝島社

      菜の花ルリユール

      日野 祐希
    21. 宝島社

      ニャーロック・ニャームズの
      ニャー冒険。

      ヒロモト
    22. TOブックス

      拝啓、天国の姉さん…勇者になった姪が強すぎて──叔父さん…保護者とかそろそろ無理です。

      LA軍
    23. 双葉社

      ハズレ判定から始まった
      チート魔術士生活

      篠浦 知螺
    24. 新紀元社

      ファンタジーをほとんど知らない女子高生による
      異世界転移生活

      コウ
    25. 宝島社

      復讐は天罰を呼び魔術士は
      ぽやぽやを楽しむ

      月汰元
    26. 双葉社

      冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~

      萩鵜アキ
    27. 双葉社

      僕は僕の書いた小説を知らない

      Q7/喜友名トト
    28. 宝島社

      ランチからディナーまで六年

      森崎緩
    29. ツギクル

      わたしはたまごで
      異世界無双する!

      葉月クロル

    グランプリ

    帝都メルヒェン探偵録(宝島社)
    クロサキリク

    金賞

    おっさんたちの戦いはこれからだ!?勇者パーティーの初期メンバーだった商人は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。(宝島社)
    necodeth
    捨て子になりましたが、魔法のおかげで大丈夫そうです(宝島社)
    明日

    受賞

    暗黒騎士物語 ~勇者を倒すために魔王に召喚されました~(宝島社)
    根崎タケル
    いいご身分だな。俺にくれよ。(宝島社)
    nama
    異世界でも無難に生きたい症候群(一二三書房)
    安泰
    五つの塔の頂へ(ツギクル)
    夜々里 春
    縁側でひとやすみ(宝島社)
    クロッチカ
    お客様が「神様」でして ~道後の若女将は女子高生!~(双葉社)
    田井ノエル
    俺、猫だけど夏目さんを探しています。(宝島社)
    白野こねこ
    ガベージブレイブ【異世界に召喚され廃棄された勇者の物語】(一二三書房)
    なんじゃもんじゃ
    ゲームキャラで異世界転生 ~トップランナーはよろず屋さん~(宝島社)
    鏑木ハルカ
    斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!(宝島社)
    巽未頼
    素人おっさん、転生サッカーライフを満喫する(ツギクル)
    ハーーナ殿下
    千のスキルを持つ男 異世界で召喚獣はじめました!(一二三書房)
    長野文三郎
    その冒険者、取り扱い注意。(ツギクル)
    Sin Guilty
    田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』(ツギクル)
    小倉ひろあき
    転生少年の成長記 ?努力すればするほど強くなれる??(宝島社)
    やま
    隣のお姉さんは大学生(宝島社)
    m-kawa
    隣の席の佐藤さん(一二三書房)
    森崎緩
    隣の部屋の女騎士は、異世界人で飲み友達(双葉社)
    猫正宗
    ドラゴン狂いの課金テイマーさん(新紀元社)
    リブラプカ
    菜の花ルリユール(宝島社)
    日野 祐希
    ニャーロック・ニャームズのニャー冒険。(宝島社)
    ヒロモト
    拝啓、天国の姉さん…勇者になった姪が強すぎて──叔父さん…保護者とかそろそろ無理です。(TOブックス)
    LA軍
    ハズレ判定から始まったチート魔術士生活(双葉社)
    篠浦 知螺
    ファンタジーをほとんど知らない女子高生による異世界転移生活(新紀元社)
    コウ
    復讐は天罰を呼び魔術士はぽやぽやを楽しむ(宝島社)
    月汰元
    冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~(双葉社)
    萩鵜アキ
    僕は僕の書いた小説を知らない(双葉社)
    Q7/喜友名トト
    ランチからディナーまで六年(宝島社)
    森崎緩
    わたしはたまごで異世界無双する!(ツギクル)
    阿々坂宝良

    上記バナーより、応援・お祝いコメントを募集しております! ぜひ、ご協力お願いいたします。

    応援コメントは書籍の帯に使われることがある他、著者の方にお届け致します。
    皆様からのたくさんの応援・お祝いのコメントお待ちしております。


    ■最終選考総評

     クラウドゲームス株式会社が運営する『第六回ネット小説大賞』にご応募・ご参加いただきまして、まことにありがとうございました。
    今回のコンテストでは『11,165』作品という、過去最大の作品にご応募をいただき、コンテストの盛り上がりを通してコミカライズやアニメ化する作品が多数輩出されている、『小説家になろう』といった媒体の盛り上がりを感じることができました。
     ヒューマンドラマや恋愛ジャンルにおいて書籍化したいと思わせる作品が多数見られるなど、受賞作も32作品と、昨年以上の作品数を書籍として世の中に送りだすことができ、皆様からいただいた応援コメントも500程度いただくなど、多くの参加者の方と共に成長できた回となりました。

    ジャンルについて(一般文芸作品)

     第六回ネット小説大賞のグランプリは、宝島社様より刊行予定の『クロサキリク』先生のミステリー探偵小説である『帝都メルヒェン探偵録』となりました。
    昨年の『妻を殺してもバレない確率』に続いて、2年連続で一般文芸作がグランプリを獲得することとなりました。
    『帝都メルヒェン探偵録』は時代背景として1920年代、大正~昭和の時代をモチーフとした架空の日本を舞台としており、広義のファンタジー作品ではありますが、神保町や長崎町など、現実の地名も多数出ており、当時の文化情景が浮かんでくるほど徹底して統一されたモダンな文章、全体的に落ち着いたトーンながら謎を問いかけてくるストーリーと相まって、不思議なほど引き込まれる作品です。 キャラクター性としても。自堕落な青年と不思議な少年のバディ設定に心をがっちり掴まれました。また、グリム童話がモチーフとして登場するところも、耽美な雰囲気が好きな読者のツボを的確についており、今回のグランプリに選出されました。

     「小説家になろう」から書籍化される作品の多くは異世界ファンタジーもので、一般的に「小説家になろう=異世界ファンタジー」という印象があるのも事実です。ただ、最近では異世界ファンタジー以外のジャンルの作品を読みたいと思う読者も増えてきており、そのような読み手のニーズに呼応するように、異世界ファンタジー以外のジャンルでの力作が増えてきたように思います。

     一二三書房様より受賞した『隣の席の佐藤さん』、双葉社様より受賞した『僕は僕の書いた小説を知らない』等、作品と市場の盛り上がりに応える形で、一般文芸作品の受賞数もふえてまいりました。
    『隣の席の佐藤さん』は、主人公の一人称視点で描かれる、不器用で、勉強も苦手で、地味で、美人でもないヒロインですが、青春時代特有の子供から大人に変わっていく大人への変化と、時間の経過とともに描かれる、不器用だからこそまっすぐな佐藤さんに、主人公の徐々に惹かれていく気持ちの変化が、恋愛模様につながっていき、気が付けば二人のことを応援していく形になっています。

     『僕は僕の書いた小説を知らない』は、『記憶が1日しかもたない主人公が長編小説を書く』というコンテストに応募されている方なら、これだけでどういった小説か気になるような惹かれる題材を用いています。記憶が失われる中でも、周囲の力を借りながら諦めず、前向きに小説を書き続けるストーリーです。惹かれるギミックではありますが、ともすればあっという間に破たんしてしまいそうな題材を、喜友名トト先生の構成力で見事にまとめ上げている印象がありました。

     一般文芸方面で、今回異色受賞作といえば『ニャーロック・ニャームズのニャー冒険。』も外せないでしょう。主人公が猫というだけで奇抜なのに、さらに『推理・探偵』『ハードボイルド』『ミステリー』という要素がふんだんに盛り込まれています。『ハードボイルド推理小説』と聞くと、ハードルが高く思えるかもしれませんが、これが最大のギミックである『主人公が猫』といったことで、読みながら笑顔が離れない、ライトなハードボイルド小説を実現しています。この作品が書店に並べられたとき、ミステリーファンがどのような反応を持ってくれるのか、今から楽しみでなりません。


    ジャンルについて(ファンタジー作品)

     異世界・ファンタジーの受賞作品では、ジャンルの変遷が見られました。

     新紀元社様より期間中受賞をした『ファンタジーをほとんど知らない女子高生による異世界転移生活』が目を引きました。「愛読書はSFの女子高生がファンタジー世界にいったら」といった、題材で、ともすれば『ファンタジーだから』でさらりと受け入れてしまいそうなものを注視しながら、描写している文体が印象に残りました。主人公は地味に生活しようとするものの、気づけば目立つという『まきこまれ系』が、読んでいて楽しく映りました。

     金賞受賞作である『おっさんたちの戦いはこれからだ!~勇者パーティーの初期メンバーだった商人は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。』、人気のある「おっさんもの」ですが、長年生きて培った人脈や開発した技術を使って勇者を支援するなど、おっさん設定が主人公の魅力に上手く生かされていました。話の展開は王道といえる勧善懲悪ものですが組織などを動かして敵を追い詰めていくなど、『おっさん』ジャンルが好きな方に対して新しいテーマを提案しつつ、ツボをおさえた作品であったと思います。

     TOブックス様から受賞した『拝啓、天国の姉さん…勇者になった姪が強すぎて──叔父さん…保護者とかそろそろ無理です。』など、昨年からその流れはありましたが、おっさんジャンルが流行りつつ、「ほのぼの」「まったり」などが目立っているなど、依然としてスローライフ傾向が強いようです。また、「ケモミミ」「獣人」「モフモフ」などのモフモフ系キーワードも多く見受けられ、異世界での亜人との交流を目的とした作品も多いと感じました。


    作品品質について

     応募作の傾向として、今の読者の好みやすでに書籍化されたヒット作をしっかりと研究している作品が多いように感じました。全体に粒ぞろいのコンテストだったのではないでしょうか。
     特に一次・二次選考通過作の中からは、作者の個性を表現しつつ、今の読者に刺さるキーワードを上手に組み込んでいる作品に多く出会うことができました。
     こうした、読者にいかに楽しんでもらえるかという視点はエンターテインメント作品にとって欠かせないものです。自身の感性・個性を作品に注ぎ込みながらも読者に楽しんでもらえる作品に仕上げていく、その姿勢を今後も持っていていただきたいと思います。
     一方で、今回も応募作品の約半数はコンテスト開催期間中に連載が開始されたものでしたが、品質が徐々に向上しているということは、昔の作品を改稿せずそのまま応募しても、若干品質的に厳しくなる部分が徐々に出てまいりました。昔から連載されている作品も受賞しておりますが、応募の前に少しテコ入れをするだけで作品はぐっと魅力的になるということを覚えていきましょう。


    選考を通しての所感

     一方で、上記受賞作など目を見張る作品が出ているものの、一番層の厚い「異世界転移・転生もの」小説の方が、例年に比べて魅力的なものが少なくなったことを複数の出版社様が感じられました。作品数が多く差別化が図りにくい部分もありますが、だからこそ本当に面白い発想や物語、心地よい文章は出版社の目に止まります。
     また、『小説家になろう』といった投稿サイトが成熟していき、『人気作』もわかりやすくなり、誤解を恐れずに表現しますと、『人気作になる方法』もある程度わかってきた印象があります。それは悪いことではなく、読者のニーズを捉えようとする作者の方の努力の賜物であると考えておりますが、一方でそちらに終始してしまっては、著者の方の持っているポテンシャルを失ってしまうことにもつながりかねないと感じます。
     金賞受賞作である『捨て子になりましたが、魔法のおかげで大丈夫そうです』は、テーマとして王道を抑えながらも良い意味でなろうのテーマとは違う、現代文化を持ち込んで無双するのではなく、世界の中で主人公が懸命に生きていく様子が、従来のなろう小説と差別化ができており、捨て子やスラム街という恵まれない環境でたくましく生き抜く主人公の姿に好感を抱き、受賞の理由となりました。

     受賞作品を選定するうえでその作品にしか出せない個性の部分は非常に重視されます。流行りのテンプレや設定などによって、同じような作品が増えていく傾向にありますが、その中でもどこかオリジナリティを感じる作品に注目しました。人気トレンドを押さえることも重要だと思いますが、読者が本当に読みたいと思える作品には、王道や流行を抑えつつも、あるいは抑えているからこそ、既存の概念にとらわれない、『その作品だけのセールスポイント』が必要であると考えます。

     そういった意味で、受賞作の中ではツギクル様より刊行予定の、『田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』が目を引きました。基本はコメディ路線を踏襲しながらも、ともすればご都合主義になってしまいそうな世界設定を魔法なし、科学技術なしといったハードモードの中で、人間らしさ、男らしさを感じられる作品でした。応援コメントの言葉を借りるのであれば『人生』を小説の中に持ち込んだ、戦記ものをとも異世界ファンタジーともつかない、新しい挑戦を作品の中で感じることができました。

     このような、新しい目を見張るギミックについて、自身の『書きたいもの』から来るのか、考え抜いた末のギミックからくるのか、といったところは違いますが、コンテストとしては市場の壁を破っていただけるような作品の登場を願ってやみません。

     もちろん、ふだんあまり読まれていないが『市場を打ち破る』作品にスポットライトをあてることもコンテストの意義のひとつであると感じておりますが、そういった中でタイトルの重要性を感じる回になりました。作品がお店に並ぶ品物ならば、タイトルは品物をより魅力的に見せるパッケージです。ただ「あんパン」と書かれた品札よりも、「大納言たっぷり! 焼き立てあんこパン」の方が美味しそうに感じます。今回も、タイトルで「面白そう!」と「ひとめぼれ読み」をすることが、選考過程で多々ありました。コンテストでは「読まれたら勝ち」という側面もあります。ぜひ、内容をより引き立たせるタイトル作りにも目を向けて頂けたらと思います。

                

    最後に

     締めとなりますが、今回受賞した34タイトル、34名の著者の方、まずは受賞おめでとうございます。既に期間中受賞作は発売されているものもありますが、商業的にはこれからが本番となります。受賞作はこの夏から順次発売になります。
     運営チーム一同、当コンテストから出た作品、およびコンテストにエントリーされた方々の作品が、ひとりでも多くの方の目に留まり、その発信する文化に気づいていただけますよう、継続的にご協力させていただきます。

     そして今回であれば99.7%の落選された方、書き続けることを忘れないようにしてください。
     このコンテストをはじめてから6年が経過し、多くの才能と出会ってまいりましたが、今回グランプリをとられたクロサキリク先生も、第四回ネット小説大賞以来の受賞となりますが、書き続けることで、カムバックされたり、数年間書き続けた作品が受賞につながったりといったこともございます。

     Webコンテストにおいて、スポットライトをあたるタイミングで、遅いことはありません。
    小説という文化が今後も拡大することを、コンテストとしては継続して応援してまいります。

     今回は、ご参加まことにありがとうございました。引き続き何卒よろしくお願いいたします。



    スタッフより

    皆さま、お疲れ様です。ネット小説大賞運用スタッフです。
    昨年10月から開催していた『ネット小説大賞』ですが、おかげ様で無事完結を迎えることができました。
    1万作品をこえるご応募をいただき、開催初期からの夢であった大台をこえることができたことは、一重に参加者の皆様のご応援と、これまでの受賞者の方、協賛社の皆様の奮闘によるものであると感じております。
    まずは御礼を言わせてくださいませ。まことにありがとうございます。

    そういった意味で、『これまで受賞者』の一人(第四回ネット小説大賞で『白いしっぽと私の日常』でぽにきゃんBOOKS様より受賞)であったクロサキリク先生のグランプリ受賞は、個人として大変うれしく感じております。グランプリ受賞はゴールではありませんが、書き続けることが力になるといったコンテスト命題たる部分を、今回実現していただけたと考えております。

    Web小説が隆盛していく中で、コンテストの意義を考えることもございますが、幾つかある意義のうち、もっとも大きなものは『文章を書き続けるきっかけを提供している』ことであると考えております。

    忙しい日常や執筆上のトラブルなど、筆を折る機会は豊富にある中、書き始めることができるきっかけ、書き続けることができるきっかけはそれほど多くはありません。ネット小説大賞は『お祭り』としての皆様の共通認識があるからこそ、皆様が小説を『書き始められる』きっかけをご提供できているのであれば、我々といたしましても、それはとても嬉しいことです。

    ネット小説大賞では、あるいは『小説家になろう』そのものでも、書籍化ジャンルは多様化しております。
    『コンテスト向けじゃない』と、これまであきらめていた方も、ぜひこの機会に、『書き続ける』『読み続ける』ことをおこなっていただき、文化創出を続けられればと考えております。

    願わくば『創作』『小説』といったジャンルを皆さまと永く、もっと楽しめることを祈りまして、今回のコンテストの締めとさせていただきます。

    2017

    10/20
    応募受付開始
    応募作品ピックアップ開始
    感想付け開始

    2018

    2/1
    応募締切(10:00締切)
    3月下旬
    一次選考候補者発表
    4月下旬
    ニ次選考候補者発表
    5月下旬
    最終通過者発表
    6月上旬
    応援期間開始
    7月上旬
    最終結果発表
    夏~秋
    大賞作品他出版予定

    『小説家になろう』にておこなわれる、日本最大級の小説賞です。
    前回は7165作品の中から28作品を書籍化いたしました。

    参加は簡単、『ネット小説大賞六』または『ネット小説大賞六感想』というキーワードを設定するだけです。
    (※ネット小説大賞六感想=コンテスト応募+感想サービスとなります)
    書籍化作品数はもとより、どなたでも楽しめ、評価を得られるコンテストを目指して運営してまいります。

    過去最低受賞ポイントは46ポイント、文字数1万文字程度でも受賞実績ありと、
    文字数・ポイントともに受賞の幅が広く、どなたでも受賞の可能性があるコンテストです。
    また、短編作品や一般文芸作品など、様々な作品が受賞されております。
    あなたの隠れた才能をこのコンテストで発揮してみませんか?

    マンガボックスで受賞作をコミカライズ!

    • 毎月応援イラストプレゼント
    • 感想サービス
    • あなたの作品ピックアップ

    受賞だけがコンテストではありません!
    ネット小説大賞では、様々な企画をご用意しております。

    マンガボックスで受賞作をコミカライズ!

    マンガボックス

    今回もやります、コミカライズ賞!

    受賞作の中からコミカライズ賞に選ばれた作品は、 1000万人以上が利用している
    マンガ雑誌アプリ『マンガボックス』でコミカライズされます!

    普段小説を読まれない方にも、コミカライズ作品を通して 知名度を高めるチャンス
    なので、ぜひご応募くださいませ。

    ※受賞作なしとなる場合もございます。予めご了承ください。


    感想付けサービス一覧

    • 一般文芸作品や短編作品でも受賞実績あり!
    • 参加は簡単、キーワードを設定するだけ!
    • 一般文芸作品でも受賞実績あり!
    • 短編作品でも受賞実績あり!
    • 0ポイントでも受賞・出版の可能性あり!
    • 締め切り前でも受賞の可能性あり!?
    • イラストプレゼント!
    • 感想サービス!
    • ピックアップ!
    • コミカライズ賞!
    ※各項目クリックで詳細が表示されます。

    コンテンツ

    応募要項

    応募を検討されている方はまずご覧ください

    受賞者インタビュー

    歴代受賞者のインタビューです


    よくある質問・お問い合わせ

    コンテストについて疑問がある方はこちらをご一読の上
    お問い合わせください
    お問い合わせ先:novel_narou@crowdgate.co.jp

    連動企画・広報

    ネット小説大賞の連動企画、および広報についてのご紹介です


    応募作品一覧

    応募作品はこちらから
    (紹介は10/26より開始いたします)

    ゲームシナリオライター募集

    ゲームコンテンツでのライター募集です
    ご興味のある方はご応募くださいませ
    (外部サイトに移動します)


    投稿

    作品投稿はこちらから
    (『小説家になろう』ユーザーページに移動します)

    小説家になろうユーザー登録

    コンテストに参加するには小説家になろうへの登録が必要です。会員登録はこちらから