紹介レビュー一覧

ピックアップレビュー

作家になりたい人が多すぎる

本作の主人公「私」は、自費出版系の出版社で働く派遣編集者


日々、素人物書きが書いた原稿モドキの書籍化に向けて奮闘します。

「そんな「私」が相手する作品群は、並大抵のモノではありません。

怪しげな専門用語が羅列された「闘病記」。
なにを言いたいのかサッパリ分からない「恋愛小説」。
読解困難な「スペースファンタジーポエム」などなど。

ときには、「私」は作品の圧倒的な破壊力に打ちのめされてしまいます。
「アホなことを言うんじゃない」と顧客である著者を叱責することも、たまーにあります。

本作では、そんな「私」の編集者ライフがコメディタッチに描かれています。

物語が妙に生々し……リアルだと思ったら、作者様は出版業界に造詣が深いお方のよう。
なるほど、納得致しました。

最後にひと言。
「感想欄」の作者様の回答は真摯でありながら軽妙で、本作と同じように楽しく読めるのもスバらしいです!

スタッフコメント

テーマへの興味もさることながら、最後の一言を見てまず先に感想欄に足を運んでしまいました。
個人の意見というよりも作中の内容を客観的に伝え、作品を読む気にさせてくれる良いレビューかと思います。

坊ちゃんの下界事件簿

ほっこり温かな物語に心癒される


 山神と人との息子であり自身も神である草草こと坊ちゃんと、草々至上主義の守役二人が、人間界にて色んな事件を解決していくお話です。
 「しゃばけ」を彷彿とさせるお話ですが、より軽快で推理(や解決策)が面白いと思います。妖が原因だから退治する、人が犯人だから逮捕してもらう、という単純な結末ではない点が良いです。
 主要キャラもそれぞれに可愛さを感じられる性格です。意外と自分の意思を通す坊ちゃんや従妹よりもビビりな従兄、要領の悪い割に坊ちゃん効果で事件を解決する役人、幼いのにしっかりした妖、美人なのに少し抜けた所のある仙などがくすりと笑わせてくれます。
 一話完結型で読めるのも有り難いです。読んだらほっこり心和むこと間違いなしです。

 また、同作者様の「老魔術師は二度目を生きる」もお勧めです。

スタッフコメント

分かりやすい内容説明と読み手にオススメするポイントが適切で、『読んでみようかな』という気持ちにさせてくれるレビューでした。

謙虚、堅実をモットーに生きております!

レブな日常系うんちくラブコメディ


嫌な人物はほとんどいないです。ほとんどみんな、いい子もしくはいい人です。
 なのに、……主人公を筆頭に、どこか変なキャラばかりです。(^_^;) 妙な性格というか、残念な中身というか。
 そんなキャラたちが、わちゃわちゃと過ごす学校生活です。
 たまにピンチがあります、すごくピンチもあります。でもなんとか切り抜けて、たまに恋愛要素があるような、ないような……?
 どこか残念だけど、魅力的な男性キャラが多いので、主人公と恋愛関係になってほしいのですが、……ならなくてもいいような気もします。(笑)

 個人的には、伊万里様が一番、好きです。
 ただ本当にキャラが多い小説なので、読む人によってお気に入りキャラはちがうのだろうと思います。
 あなたもぜひ小説を読んで、お気に入りのキャラを探してみてください。

スタッフコメント

『変なキャラ』『残念な中身』というフレーズの中に、作品や登場人物への愛を感じました。
自分が通う学校を紹介するような弾むような文章に、その世界に生きる住人たちへの興味が湧いてきます。

それでも、人を殺しちゃだめですか?

それでも、人を殺しちゃだめですか?


――ねぇ、なんで人を殺しちゃいけないの?

 私は人を殺した。
 事故に見せかけて人を殺した。
 皆は事故だって思ってくれたようだ。
 でも、とある刑事が私の前に立ちふさがった。
 果たして私は逃げ切ることができるのだろうか。

本格ミステリー作品。犯人視点で語られる事件。
多くのミステリーは、”誰が殺したか”を推理するが、この物語は、
”どうやって殺したか”、”なぜ殺したか”を追いかけていく。
徐々に明らかになっていく事件の全貌。
トリックや動機は何なのか、なぜ彼女は人を殺さなくてはいけなかったのか。
3万文字に詰め込んだ一つのテーマは重くて切ない。
本格ミステリーを味わいたい方は是非読むことをお勧めします。

スタッフコメント

インパクトのある冒頭の一文から、淡々と映画の予告編を思わせるフレーズの数々。
ミステリーを好む読者層が引きこまれる要素が詰まっているように感じました。


恋愛(異世界恋愛、現実世界恋愛)その他レビュー

あなたとならば不幸でも

絶対に諦めない――少女の信念が、呪われし魔法使いの運命を変える。


森の奥にひっそりと住まう魔法使い・リディのもとに、ある日、一人の少女・エマが迷い込んでくる。

関わった者を不幸にしてしまうという呪いに苦しむリディと、そうと知りながらリディに寄り添おうとするエマ。
リディはエマを想うがゆえに突き離そうとし、エマもまた、リディの孤独に触れながら彼を一途に想い続ける。
互いが互いを大切に想うばかりにすれ違ってしまう二人に胸が締め付けられ、どんな未来が待っていようと絶対に諦めないエマの姿には真の強さが垣間見えて勇気をもらえました。

タイトルを見事に回収するラストは清々しく、中盤の重さを払拭する読後感の良さでした。
恋愛小説としても、二人の成長譚としてもオススメできる一作です。


ファンタジー(ハイファンタジー、ローファンタジー)その他レビュー

無実の罪で一族もろとも処刑されたので甦って報復しました。それはもう徹底的に!!

ファンタジー代表超絶ホラー!圧倒的容赦のない蹂躙劇!!


この物語は、主人公エミリアを含む一家一族が無実の罪で処刑されてしまう所から始まる。

そしてその後が凄い。なんと処刑された一家一族は、エミリアの死と共に全員アンデッドとしての復活を遂げてしまうのだ。
意思をもつアンデッドと化した主人公達はそのまま王国側への報復を開始する。
自分達を陥れた者達を、この国の国民たちを例外なく殺害していき、更に殺して尚地獄の報復を続けていくのだ!

ホラー映画のようなじわじわと忍び寄る恐怖ではない。
通常の復讐物のように念入りにターゲットを陥れていくのとも違う。

この瞬間的状況転換と圧倒的容赦のなさが凄まじい。
是非とも本作を読んでこの疾走感を体験してください!


文芸(純文学、ヒューマンドラマ、歴史、推理、ホラー、アクション、コメディー)その他レビュー

古書店 復刻堂

静かに秘められた熱情は、お好きですか?


本の手触りは、お好きですか?

すぐに既読か否か分かるラインとは違う。
文通のもどかしくも焦がれる気持ちは、お好きですか?

大人になって、勢いでは動けなくて。
人生を重ねた分だけ腰が重くなって、それでも誰かを好きになるのは止められなくて。

切なくすれ違う想いが重なるのを信じて、どんどん読み進めていました。

スマホで読むうちに、本の手触りが浮かんだり。
大切な人に、素直な気持ちを伝えたくなったり。

派手なアクションがある訳じゃない。
けれど、静かに、密やかに、確かに込められた熱い想いを感じられました。


SF(VRゲーム、宇宙、空想科学、パニック) その他レビュー

ネットゲームで対戦相手を煽ったら、何故か同級生の女の子に踏みつけられている

感じるだろ、この世界に住む人々の息吹を


ネトゲの中で悪名轟く少年が、VR世界で剣士の少女を死体蹴りしたら、現実世界で報復されてしまった物語。

ヒロインの栂坂佳奈は眼鏡を掛けた大人しめな文学少女なのだけど、ゲームで踏まれた復讐に主人公の四埜宮悠木を踏みつけ返すという攻撃的な一面も。けど単なる暴力ヒロインじゃないわよ!
「四埜宮くんは単なる屑なんですかね」と敬語で罵る優しい娘だから、読者のMっ気を刺激してくれるの!

ゲームで踏みつけ、リアルで踏まれ。そんな逆転する関係を通して徐々に交流を深めていく二人を眺めていると、彼らの飛び込む仮想現実の世界もまた、プログラムの集合に過ぎない虚構なのではなく、五感を刺激する確かな存在感のある実体なのだと教えてくれる。

照り付ける苛烈な陽光を、紡がれてきた国家の歴史を、戦いに生きた誇り高き戦士の魂を。
読めばその全てを肌で感じ取れるはず。


その他(童話、詩、エッセイ、その他)その他レビュー

極悪最強、暗黒ウサギ!

可愛い童話でありながらカッコいい王道バトルファンタジー!


この物語は森の動物達が侵入者の動物達を追っ払うお話です。

が、その内容が最強主人公を主軸としたバトルファンタジー!
森の動物達の特技や森の地形、特性を活かした戦略バトルに刹那の攻防が手の汗握る戦術バトル!

童話のファンシーさとハイファンタジーの熱さに加え、更には所々にちりばめられているギャグにもついつい笑ってしまえる欲張り作品!

是非この素晴らしき戦いをご覧になってください!



コンテンツ

応募要項

応募を検討されている方はまずご覧ください

よくある質問・お問い合わせ

コンテストについて疑問がある方はこちらをご一読の上
お問い合わせください
お問い合わせ先:novel_narou@crowdgate.co.jp

レビュー一覧

書かれたレビューはこちら(応募作品でないものも含みます)

小説家になろうユーザー登録

コンテストに参加するには小説家になろうへの登録が必要です。会員登録はこちらから