連動企画・広報

あなたの小説をピックアップ!

スタッフが毎週ネット小説大賞応募作品から気になる作品をピックアップいたします。
原則選考とは無関係ですが、より多くの優れた作品を多くの方の目に触れていただくことは、
ポイントに関係なく参加できる当コンテストの目的のひとつでもあります。
週1~2回程度の更新をおこなってまいりますので、ぜひご期待ください。

※コンテストではコンテスト参加作品のユーザーピックアップ作品も募集しております。
ピックアップしていただいた作品は可能な限りコンテストで取り上げる他、外部広告でも取り上げる場合がございます。
お勧めの作品がある方は、推薦理由を添えてお問い合わせください。
※推薦理由は作品紹介時に掲載させていただく場合がございます。

お問い合わせ先:novel_narou@crowdgate.co.jp
または、ネット小説大賞公式ツイッターまでご報告くださいませ!

また、もしお勧めしたい作品がコンテストに参加されていない場合は、
作者様の迷惑にならない範囲で当コンテストの紹介をしていただけますと幸いです。

運営感想ピックアップ!

人間不信になった悪役令嬢はモフモフをご所望だそうです!

タイトル
人間不信になった悪役令嬢はモフモフをご所望だそうです
作者
宇宙人。
あらすじ抜粋
――誰からも愛されずに生きた公爵令嬢アイリス・プライレスは盲愛していた婚約者に捨てられ、心を壊され、
人間に絶望し、自らの手でその孤独な生涯に幕を下ろした。
……はずだった。
何故かもう一度アイリス・プライレスに転生したアイリスは、今度はもう人に期待せず愛されようとする事をやめ、
好きに生きていくことを決意した。
…そしてアイリスは出会ってしまった。
ただ自らを見て好意を好意で返してくれる存在に。アイリスを純粋に愛してくれる存在、モフモフという存在に。

スタッフコメント抜粋
悪役令嬢への転生という昨今ではよく見るテーマではありつつも、最大の癒しとも言えるモフモフを加えることで、
単なる恋物語に終わらないストーリー性を期待させる展開が印象に残りました。
前世での躓きから、人との関わりに躊躇いがあるアイリス。父親からのプレゼント一つにさえ、期待を持ってはいけない、と自らの心を戒める強い意志に心の底から応援したくなりました。
さらに、モフモフの純粋さに、ささくれ立った感情が癒されていく様子に心が和み、これからの二人(一人と一匹)を見守っていきたいと感じました。
『お母様』が部屋に引きこもるようになった理由など、様々な事象に興味は尽くことはなく、今後の展開に期待したいです。

[連載版] 龍の望み、翡翠の夢

タイトル
[連載版] 龍の望み、翡翠の夢
作者
石河 翠
あらすじ抜粋
翡翠のように美しい瞳をした西国の王。白皙の麗人として名高い王には秘密があった。
国王は性別を偽り、男装の麗人として西国を治めていたのだ。
孤独な王を支えるのは、東国から来た男。けれど男にも、西国の王には伝えていない秘密があった。
お互いを思うがゆえに、二人はすれ違う。
伝えたいのは、ただ一つ。愛しているというその想いだけ。

スタッフコメント抜粋
この作品は繊細で不思議な雰囲気を醸し出しています。
しかし、それだけではなく、セイがヒスイを北の塔から救い出す場面は、『王子様がお姫様を助け出す』という王道でもあり、繊細さと王道が同時に存在する作品だと思えました。
また、香梅の恋心はセイにばれていたんだ、というのが、二人の別れの場面で如実に分かり、今から愛する女性を迎えに行こうとしている前なのに、彼女を止めないセイは度量があるな、と思えました。
ただ、叔父が妄執にかられたのは何故か、そして、冒頭で出てきた南国の男たちはヒスイを暗殺することに失敗したから叔父に近づいたのか、そのあたりを具体的に書いても面白いのではないかと思えました。
今後の活動を応援しております。


読者ピックアップ!

滅びゆく世界のキャタズノアール

タイトル
滅びゆく世界のキャタズノアール
作者
斉藤タミヤ
あらすじ抜粋
数百年前に突如、天に現れたとされる凶星「キャタズノアール」。
50年周期で世界に凶星が接近する時、魔物達は力を増し始め災厄の具現「黒い霧」が世界を蹂躙する。
黒い霧は空を海を大地を覆い、生ある者を貪り喰らいながら広がり続けていた。
かつて世界に7つあった王国も、すでに4つが滅び世界の大半はすでに黒い霧に包まれつつある。
滅亡が迫りつつある世界の中、それでも人々は道を切り開くのか?
それとも、世界滅亡の未来は変えられないのか?
「災厄の霧に脅かされし人々よ、抗え。生き残るために!」

読者コメント抜粋
イベントから次のイベントに移るテンポが秀逸で、読んでて飽きません。
会話のバランス、ぶれのない人物相関、バトルから次のエピソードへと続く無駄のないストーリー展開。
冒頭だけで非常に読ませる力があります。書き慣れたどころじゃなく、たしかな実力を感じさせる文章です。
なろうで主流の転生転移とは異なる重厚さを感じる異世界もの作品ですのでぜひ!

空音の怪奇譚

タイトル
空音の怪奇譚
作者
如月颯人
あらすじ抜粋
──とある村に住んでいる少女、空音 いつも通りに朝起きて、仕事をしに行く
そんな日常を繰り返したある日のこと、母親に頼まれ届け物をT村に届けに行くのだが...
その途中、異形な生物に遭遇してしまう。
その時に助けてもらった少年と異形な生物の調査をしながら事件を解決していく

読者コメント抜粋
如月颯人さん作品の「空音の怪奇」は話が進むに連れて緊迫感や不安になってくるのでお勧めです。
主人公の空音は序盤では感情移入が難しいと言われていたのですが不思議な事にいつの間にか感情移入が出来てしまい物語を読み進み易くなっています。
後々登場する男主人公の力渡も現れるのですが
最初は主人公と同じく敬語を使うのですが、それは空音の前だけの話であって調査をする時はタメ口です。
何が言いたいかと言いますと、とにかく見てほしいです!



コンテンツ

応募要項

応募を検討されている方はまずご覧ください

受賞者インタビュー

歴代受賞者のインタビューです

よくある質問・お問い合わせ

コンテストについて疑問がある方はこちらをご一読の上
お問い合わせください
お問い合わせ先:novel_narou@crowdgate.co.jp

連動企画・広報

ネット小説大賞の連動企画、および広報についてのご紹介です

応募作品一覧

応募作品はこちらから
(感想・ピックアップは11/2頃より開始いたします)

ゲームシナリオライター募集

ゲームコンテンツでのライター募集です
ご興味のある方はご応募くださいませ
(外部サイトに移動します)

投稿

作品投稿はこちらから
(『小説家になろう』ユーザーページに移動します)

小説家になろうユーザー登録

コンテストに参加するには小説家になろうへの登録が必要です。会員登録はこちらから