TOPICS

第3回目『ネット小説大賞トレジャーハンター』【僕は自分のことが嫌いだ】

ネット小説大賞トレジャーハンター。 それは数多ある小説家になろう投稿作品の中から、ネット小説大賞応募作品を、独自の目線で担当スコッパー様が、自ら選んで皆さまにご紹介いたします。 普段読まないジャンルだけど読んでみたら面白い、そんな切っ掛けをこの『トレジャーハンター』が作る事が出来ればいいなと願っております。本記事を切っ掛けにあたなの好きな新たなジャンルや作品を是非見つけ出して下さい。 この広いネット小説の宝島に眠る作品を探し出すのは次はあなたの番かも知れません。まさに、ネット小説の羅針盤それが『ネット小説大賞トレジャーハンター』なのです! 

筆者紹介:やまたけ

小説家になろうにある小説を、大体300作品程度は読んでおり、今も時間があればスコップしたりして漁っている超小説好き人やまたけと申します。

作品の投稿もしております。
この度、前回の第七回ネット小説大賞にて、レビュー大賞を受賞したキッカケでこの企画にお声掛け頂きました。

因みに今回の対象は、極力ファンタジー以外というご指示でしたので、私としてもファンタジー以外にスポットを当ててほしいと思っていた事もあり、とても楽しくスコップさせて頂きました。

当方の作品です。皆さまどうぞ良しなに。

【小説家になろう投稿作品】
現実恋愛:何故か超絶美少女に嫌われる日常
ローファンタジー:剣鬼ヴァロックの地球転移
ハイファンタジー:ネコと転移


本日の作品は
僕は自分のことが嫌いだ
著:美弥

やまたけと申します。

さて今回、2度目のトレジャーハンター企画に参加させて頂く光栄に預かりました。

もうすぐ2月となるこの時期。

寒さが一層身に沁みますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

特にインフルエンザが無駄に頑張っているこの時期、体調を崩されてはいませんか?

私はこの時期、毎年恒例の「アレ」の対策を始める頃なのです。

そう、それは花粉症。
奴は毎年私を悩ませます。

そろそろ花粉症対策を始める頃合いで、この時期くらいから「青みかんサプリ」と「甜茶」を飲んで、花粉症に負けない身体作りを始めるのです。
そうしないと春に地獄を見てしまいます…

私の個人的な話しはさておき、この度、私がスコップした作品についてご案内さしあげます。

題名は「僕は自分のことが嫌いだ」。
実は私、TSものが苦手なのですが、この作品はそんな事を気にせず、とても楽しく読む事が出来ます!

スコップした甲斐があった、そう思わせる作品です。


あらすじ(小説情報より引用)
性同一性障害の主人公「早乙女 茂」は見た目だけで不良と決めつけられ喧嘩をする毎日だった。

見た目は不良、心は乙女に悩みむ主人公は自分のことが嫌いだった。

ある日、自殺しようとした少女を助けたことをきっかけに、気が付いたら自殺した少女に成り代わっていた。

入れ替わったのか、憑依したのかは分からないが、少女が元に戻った時に困らないよう代わりに学園生活を送ることにした。

代わりのハズなのにある男性を好きなってしまう悩みを葛藤するお話。

 

どんな内容?

主人公早乙女茂、高校3年生。

彼は今日も不良に絡まれ喧嘩に明け暮れる。身長190cmの大きな身体と喧嘩の強さで、ヤンキーどころか先生にまで目をつけられている。

しかし実は、彼は平和主義で成績も上から数えたほうが早い程優秀なのだ。
更に、彼には誰にも言えないとある秘密があった。

性同一性障害。
その声の低さと見た目とは正反対で心の中はとても乙女チックなのである。

好きなアイドルはとある男性グループの一人。
趣味は裁縫とお菓子作りと部屋には可愛い動物のぬいぐるみで溢れている。

そして、その見た目と心の違いに茂は日々悩んでいた。

そんなある日、大雨の中橋の傍をずぶ濡れになりながら歩いている少女を見つける。

怪訝に思った茂がその様子を見ていると、少女は飛び降り自殺を図ろうとしていた。
咄嗟に助けようと少女の元まで駆け寄る茂だが、ちょっとの差で間に合わず一緒に落下してしまう。

次に茂が気づいた時には病院のベッドの上におり、なんとか助かったようだが様子がおかしい。
何と自分は自殺を図った少女に憑依していたのだった。

元々自身の身体と心の性の違いに悩んでいた茂が、ひょんな事から美少女綾小路明日香に憑依し、日々過ごすラブコメディーです。

明日香の自殺の原因ともなったヤンキー達に絡まれるも、従来の喧嘩強さで解決したり、元々持っていた女子力を文芸部で発揮したり。

でも、元男だからか、好意を寄せる男達の想いには気づく事が出来なかったり、様々な事件や物事、そして恋のすれ違いがあって、読んでいて飽きない作品です。

テンポもよく一話が短いので読みやすいです。

 

ここに注目

この作品の面白い点は、まず主人公が元ヤンキーで喧嘩が強く、ガタイがよくて声が低い。
なのに実は乙女なハートを持っている。

一方で、後に茂が憑依してしまう女子高生、綾小路明日香は、元は控えめで大人しい女の子で、綾小路家は大金持ちでお手伝いさん(メイド)が二人もいて、実は明日香は超絶美少女。

だけどそれが一転、茂が憑依する事で人格が変わってしまうという、主役がどちらも非常に濃いキャラで、他にも物語を彩るキャラクター達がそれぞれ非常に個性的で、それだけでも読んでいて楽しいというところです。

そして物語では、自殺を図る原因となった恐喝の内容についても記載があるのですが、それがある意味とても残酷なのですが、だからこそリアリティを感じる事ができ、良くも悪くもそれが読者の心象を悪くさせる為、その件を元ヤンキーの超絶美少女が解決する部分はとてもスカッとします。

更に、女性目線での鈍感ヒロインなので、出会う男達からの好意に気づく事が出来ない歯痒さがあちこちに散りばめられ、滅多に見られない新しい視点での恋愛要素も、この作品の特徴です。

オリジナリティを感じる部分は、まず会話文多めでテンポが良くポンポン読めるところですね。

長文による説明が殆どない為、気軽に読めます。

更には女性目線に立った心情。
例えば毎日学校に行く前、アクセサリーや髪型に拘った描写が、一層リアリティさを感じさせます。

一方で、元ヤンキーに恐喝された際、それを元来の喧嘩慣れした態度で解決したシーンがありますが、今後その様なシーンがもっと増えると、より一層ワクワクドキドキ感が増すとおもいます。

今後の展開に期待ですね。

 

今回のまとめ

 

性同一性障害を抱えたヤンキーが、超絶美少女に憑依するという、ありそうでなかった物語。

昨今流行りのTSものとは一線を画する作品だと思います。

その主人公とヒロイン、二人の歪な特徴が今後物語にどう影響するのか、続きがとても気になります。

そもそも明日香はいなくなったのかどうか、茂の人格はどうなるのか、といった、気になる謎も多く、今後の展開も楽しみな良作です。


【勝手にレーダーグラフ項目説明】

胸キュン度:胸がキュンとする展開が多いかどうか

ワクワク度:物語の展開にワクワクするかどうか

女子力度:女子視点の話題が豊富かどうか

スッキリ度:イライラ、腹が立つ展開があり、スッキリするかどうか

TS度:トランセクシャル度。今流行りの男女入れ替わりと近いか否か

現実世界(恋愛)度:現実世界(恋愛)に準じている度合い
                      
        

※次回は2月21日更新の予定です!
お楽しみに!

ページトップへ